2017年03月23日

浴衣と思い出

去年の夏は妊娠していたから、浴衣は着れませんでしたが、私は16から毎年夏に一度は浴衣を着ています。

着付けを習って以来、毎年着ないと忘れてしまいそうなので、友達に浴衣を着せてあげたり、自分で着たりもします。

大学の時、浴衣デーというのがあってその日は浴衣を着て大学に行って、浴衣で授業を受けて、帰りにそのまま遊びに行ったりました。

大学2年の時の浴衣デーは、ちょうどその日の夜に花火大会があるってことで、友達と向かったのですが、花火大会の最寄駅に着いてから、花火大会が天候のせいで中止になったことをしりました。

雨は降ってなかったのに。

すごく残念で悔しかったから、そのまま渋谷に戻って、Forever21で激安のショーパンとTシャツを買って、浴衣を脱ぎ捨てて、アメリカンなお店でハンバーガーを食べてから、お酒を飲みながらひたすら歩いて、夜を楽しんで帰ったのも、今ではいい思い出です。

掃除

部屋、トイレ、お風呂、鏡の掃除は自分でやりたいタイプです。

潔癖とかきれい好きとかではなく、ただ部屋を掃除してごみがとれることが気持ちいいのです。

1日でたくさん髪の毛が落ちるんです。

床が白めのフローリングだからゴミが目につきやすいのもあるでしょうね。

トイレは、ウォシュレットを使う人がいるせいか、あれってはねるんですよね。

すぐに汚くなります。鏡は磨くと運気が上がる気がして、逆に汚い鏡は運気が下がる気がして嫌いです。

お風呂掃除は、浴槽をあらうのより床を磨く方が好きです。

お風呂は少しほおっておくとすぐぬるぬるしてカビが生えるから、1週間に1回は全体掃除をしたいです。

息子に邪魔をされるとお風呂掃除は進まないから、浴槽を洗うだけの日の方が多いですけどね。

実家にいたころは、母に「掃除機かけといて」と「お風呂掃除して」って頼まれるのが面倒くさくて嫌で嫌で仕方なかったけど、今ではお風呂掃除が面倒くさいと感じることはほとんどないです。

掃除というのは一回したらしなくていいものではなくて、やり続けなくてはいけない無限ループのものなのです。

部屋を汚くゴミ部屋にしてしまう人はそこがわかっていないのだろうなと思ったりします(笑)
posted by りえっと at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください